ブラザースズキとは

  • TOP»
  • ブラザースズキとは

ブラザースズキとは

私たちはこんな会社です

私たちは、地元を中心に、地域に密着した営業を行っています。
お客さまに対して強引な営業や騙すような営業、いわゆる人を「不幸」にするような営業は一切行いません。創業以来50有余年、地元である高崎/前橋を中心に営業をしております。そしてこれからもこの地元で暮らし、皆様のお役に立ちたいと願っています。
私たちは、戸建住宅、集合住宅、店舗、工場などの塗り替えを行っています。
創業以来、一般/集合住宅の足場の仮設および塗り替え、工場鉄骨/配管の防錆、屋上の防水、金属/木製品塗装など多種多様の塗装に対応します。木枠一本の塗り替えでも電話一本でお伺いします。
私たち職人が直接施工します。
経営者を含む職人が直接、全ての工事(塗装)を行います。下請けなどに工事を任せたりする事は絶対にありません。そのため、余計なコストが掛からないのです。その代わり、忙しくなると少々お待ち頂く場合があります。
私たちは、お客様が納得・安心して頂けるまで説明します。
施工・管理を行う職人が直接お客さまのところに出向き、物件を丹念に調べます。その上でお客様との打ち合わせ・ご提案を行います。お客さまにわかり易くにご説明します。
私たちは、お客様との約束を守り施工します。
お客様と交わした約束(提案書・仕様書・見積書など)を必ず守ります。改修工事の場合、想定していない作業が発生する事もあります。場合によっては事前にその旨をお話しさせて頂くことがあります。全ては、お客様の信頼に応えるためです。
私たちは、職人の誇りを持って、丁寧な仕事をします。
「どうやったらさらに綺麗に」、また「より長持ちをさせるには」を毎日の作業の中で、少しつつノウハウとして積み重ね、体に覚えさせてきました。ちょっと見ただけではわからない様な細かい技術を「建物を綺麗にする事」にその全てを注ぎ込むのです。だから誇りを持てるのです。
私たちは、作業中の内容を写真により、お客様に説明します。
日中、留守にされている施主様には、施工中の写真を記録として撮影します。各工程の写真を残し報告書として提出しますので、お客様には安心して頂けると思います。お忙しいお客様には、メールにて報告書を送信してご覧いただく事もできます。(㊟ 写真を撮るように言われた場合など)
私たちは、お客様のご迷惑とならない様、近隣住民への配慮を怠りません。
遅くても5日前には、ご近所への挨拶を行います。それは、集合住宅の場合でも同じです。各居住者様への挨拶・工事の説明・工事のお知らせ文書の配布を行います。また、塗装工事が終了した後も、近隣にお住まいの皆様への挨拶を怠りません。
私たちは、仕上がった時の喜びをお客様と共有したいと思っています。
自分たちの持てる知識・技術・精神力の全てを使います。ですから、仕事の仕上がり具合が非常に気になります。仕上がった状態を眺めていると、ほっとしたと同時に、鳥肌が立つほど感動する事があります。私たちは、この気持ちをお客様と共有したいと思っています。

↑ページトップへ

社長の挨拶

小学生の頃から夏休みなどを利用して家の仕事をたびたび手伝っていました。
写真は19歳の時にアルバイトとして手伝っていた時にたまたま撮られていた写真です。
この頃は、将来家の仕事を継ぐ事になるとは全く思いもしませんでした。


代表取締役の中村誠悟です。
当社のホームページを御覧いただきありがとうございます。
これから塗り替えをお考えの皆様に御検討の手助けになれば幸いです。

上の写真は、普段仕事をしている時の私の写真です。このように私も、皆様の御宅にお伺いをして、作業をしておりますので施工期間中は中々きれいな格好で皆様にお会いする事が出来ませんが、許して頂きたいと思います。

塗り替えリフォームという仕事は、職人の手作業によるものですから、当然職人により仕上がりが左右されます。
技術はもちろん重要ですが、それ以上に気持ちが重要だと私は思います。

私たちは職人の会社です。
私を含めて職人5名の小さな会社ですが、建築塗装一級技能士をはじめ、防水施工一級技能士、樹脂接着剤注入施工技能士などの資格を持った職人が皆様の御宅を一軒一軒丁寧に仕上げていきます。

もし、今の時点で家の塗り替えをお考えで、なかなか決まらず迷っていたら、まずお電話を、皆様にお会いできる日を楽しみにしています。

↑ページトップへ

創業者の挨拶

当社では、あたりまえの事の様ですが

① 家を長持ちさせる塗装
② お客様の要望に副った上品な色合いに仕上げる塗装
③ お客様のご予算に応じたより安く仕上げる塗装
④ 築20年の建物でも今の建物に見劣りしない塗装

を心がけております。

私は、1962年(昭和37年)に上京し、この仕事を始めました。当時は東京オリンピック開催前で、都内はビル建設ラッシュの最中でした。
1968年(昭和43年)10月に父親が他界した為、長男である私は、郷里の高崎に店を構える決心をし、帰郷しました。当時、都会と地方では塗装方法も大きく異なり、戸惑うことばかりでした。
当初は同業者手伝いが主でしたが都会的な仕上がりが認められ、徐々に仕事の依頼が増えて参りました。
1981年(昭和56年)には、新たに、鉄骨造りの倉庫兼事務所を建て、増員した技術職員の保障制度確立を考慮して、法人登録を致しました。
その頃から「地域に貢献したい」と思い始め、地元消防団に入団、都合7年間お世話になりました。まもなく町内役員就任の依頼により、班長に始まり町内会長を退くまでの連続14年間、やり抜きました。業務の合間を縫っての奉公というのは大変でしたが、得るものも多い。ぜひ経験される事をお勧め致します。私は現在も児童・民生委員として忙しい毎日を過ごしております。

さて私儀この道に入り50有余年。この間諸々の経験をして参りましたが、大変だった事より「良い思い出」が強く残っております。これは何事にも逃げずに苦難を乗り越えてきたからだと信じております。

「良き塗装屋」である前に、「良き人間」でありたい。それが私の今まで生きてきた証なのです。
貴重なお時間を割いて当サイトを御覧頂き誠にありがとうございます。


↑ページトップへ

スタッフ紹介

個性豊かな人たちです。近くで見かけた際には、一声かけて下さい。

  • 甘田幸男
    甘田幸男
    【職人】
    会社では班長のような役割をしてくれる人ですとても頼りになります。この道27年。

  • 三反崎秋男
    三反崎秋男
    【職人】
    趣味は、山野草の栽培に始まり、養鶏、養蜂、山菜取り・・・。といろいろあります。群馬総合職業訓練所卒業、以来この道47年。

  • ブラザースズキとは
    鈴木勇樹
    【補助】
    入社日 1999年6月1日
    普段は、事務仕事、ホームページ更新です。

  • ブラザースズキとは
    中村祐子
    【事務】
    事務と経理全般をしています。

  • 加藤正敏
    加藤正敏
    【職人】
    仕事が忙しい時など手伝ってくれる。真面目な人です。この道10年


↑ページトップへ

会社情報

会社名 (有)ブラザースズキ塗装工業
所在地 〒370-0865    群馬県高崎市寺尾町2042-2番地
(吹き付け工場) 群馬県高崎市寺尾町2355-1番地
TEL 0120-759-754,
027-326-8289
FAX 027-325-5278
MAIL brother-suzuki@mx5.ttcn.ne.jp
代 表 取締役社長 中村誠悟
資本金 5,000,000円
会社設立 昭和56年5月25日
取引銀行 群馬銀行高崎西支店 高崎信用金庫高崎西支店 
しののめ信用金庫高崎支店
所属団体 群馬塗装看板協同組合など
建設業許可番号 群馬県知事許可(般-23)第22755号(一般塗装工事業)
従業員数 6名
事業内容 建築塗装
一般住宅・アパート・マンション・オフィスビル・病院・倉庫など 外壁塗装・屋根塗装・木部塗装・金属塗装・塀の塗装・白木の漂白(再生)家具の吹付
防錆塗装
工場鉄骨・屋根・ダクト・タンク・高架水槽・配管・水銀灯ポールなど
特殊塗装
防カビ・防腐・結露防止・防水塗装など
リフォーム
足場の架設・外壁の高圧洗浄及び塗り替え・樋の交換、軒天の張え建物の劣化調査・診断及び、それらに伴う小改修工事など
主な取引先メーカー エスケー化研㈱、ロックペイント㈱、日本ペイント㈱など
所有資格 建築塗装一級塗装技能士
鋼橋塗装一級塗装技能士
有機溶剤作業主任者技能講習修了証
高所作業車運転10メートル未満
樹脂接着剤注入施工技能士(エポキシ樹脂)
足場組み立て等作業主任者技能講習修了証
一級防水施工技能士(ウレタンゴム系塗膜防水)
酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習修了証
一級防水施工技能士(FRP防水)
職業訓練指導員免許証
ゴンドラ特別教育修了証
玉掛け
安全衛生教育(職長)
小型移動式クレーン
石綿作業主任者技能講習修了証
化学物質管理者研修修了証

↑ページトップへ

アクセスマップ



より大きな地図で ㈲ブラザースズキ塗装工業 本社 を表示

↑ページトップへ


ページトップへ